呉人の鉄道部屋

鉄道旅や広島地区の撮影を中心に紹介するブログです!

広島地区の快速列車紹介 山陽本線の通勤ライナー編

 現在広島地区を走行する快速列車は主に4種類あり、どれも個性豊かな列車ばかりです。それ故に、広島県民以外の人にはよく分からない・どういった種別なのかというのが分からない人もいると思います。そこで数回に分けて広島地区を走る快速列車をそれぞれ紹介していきたいと思います。

f:id:konsome-115:20200703225245j:plain

 今回紹介するのは、山陽本線を走る通勤ライナーです。本数が少ないため、少々影が薄い印象がありますが、細々と運行を続けている列車です。通勤ライナーは山陽本線のほかに呉線でも運行されています。今回ピックアップするのは山陽本線のほうです。呉線の方は以前ピックアップしたのでこちらをご覧ください。

konsome-115.hatenablog.com

 

※記事内で使用している写真はすべてイメージです。

 

 

  1.ざっくりとした歴史(登場経緯と停車駅編)

 山陽本線での通勤ライナーの登場は遅く、2008年3月のダイヤ改正で登場。当時はシティーライナーの停車駅のまま運行され、朝晩に運行される便を通勤ライナーと呼んでいただけでした。
 ですが翌年の2009年ダイヤ改正で早くも消滅してしまいます。ですが翌年の2010年にシティーライナーが廃止されたのを受けて、朝晩の通勤ライナーが復活しました。但し快速運転は広島~岩国間のみ。広島以東は快速運転していませんでした。
 2012年ダイヤ改正では夕方と土休日の通勤ライナーの運行が終了し、朝のみの運行になります。

 西日本豪雨による被災からの全線復旧以降は、平日・土休日共通の暫定ダイヤで運行されていたため、この間は土休日にも運行が行われていました。ですが糸崎駅以東への乗り入れは休止されました。2019年3月16日のダイヤ改正で正式に毎日運行に戻る一方、糸崎駅以東ならびに可部線への乗り入れが正式に廃止されました。2020年3月14日のダイヤ改正では平日ダイヤと土休日ダイヤが再分離されたため、再び平日のみの運行に戻り、現在に至ります。

 

 停車駅はあまり変化がなく、運行開始時は岩国、大竹、宮島口、宮内串戸、五日市、西広島、横川、広島でした。(資料が少なかったのでもしかしたらミスがあるかもしれないです…)現在は新井口と新規開業した新白島に停車しており、結果的に五日市~広島間は各駅停車になっています。西条方面からの列車は、西条までの各駅と八本松・海田市・広島となります。呉線の通勤ライナーとは違い、海田市にも停車するのが特徴です。

 

  2.ざっくりとした歴史(使用車両編)

f:id:konsome-115:20200704002546j:plain

 使用車両は現在は227系での運行に統一されています。運行両数は4・5・6両と豊富です。以前は115系で運転されていました。こちらは呉線の通勤ライナーと違い、すべて4両編成での運行でした。

 

 

 3.最近の通勤ライナーの運行形態

 最近は本数が少ないながらも比較的毎年生き残っており、安定しているなというのが率直な印象。ダイヤ改正を繰り返してもしぶとく残っています。あと今年のダイヤ改正までは広島地区で唯一?緩急接続を行れていたのです!緩急接続が行われるのは、ご存じの方も多い宮島口駅です。岩国→広島の列車で行われており、通過駅である和木・玖波・大野浦・前空の乗客を拾うためと思われます。緩急接続っぽいのは呉駅でもありますが、あれは緩急接続って言えるのでしょうか?ビミョーなところです。

 

 

 4.最近の通勤ライナーの行き先

f:id:konsome-115:20200704002445j:plain

 最近はめっきりパターンが減りました。広島・五日市・岩国行きのみになります。以前は可部線に乗り入れたり、糸崎方面へ行ったりする列車がありましたが、現在は消滅しております。

 

5.通勤ライナーの注目の列車

 最後に通勤ライナーの中でも個人的に特徴的だなと思う列車を紹介します。とはいっても一本しか紹介しないのですが…。

  1. 糸崎6:06発 岩国行き 岩国8:17着 広島から先は普通
                三原まで1441M→広島まで5401M→岩国まで503M
    糸崎6:52発 五日市行き 五日市8:29着 広島から先は普通
             三原まで1443M→広島まで5405M→五日市まで507M

    f:id:konsome-115:20200704002112j:plain

     これらの列車は糸崎発岩国行き、五日市行き、とそれほど珍しくない行き先・経路なのに3回も列車番号が変更されています。
     快速から普通になる際に列車番号が変わるのは分かりますが、一番最初の1400番台の列車番号は糸崎~三原間のみに割り当てられています。この2列車以外に1400番台が割り当てられた列車は存在していません。しかも糸崎~三原間にもきっちり「通勤ライナー」と種別が割り振られているという迷要素も持ち合わせています(笑)
     一本目の列車は過去は福山始発だったので、もしかするとそれ由来の列車番号なのか?と思い調べましたが、福山~三原間は4700・4400番台を使用しています。謎が深いです…。なにか知っている方がいらっしゃいましたらコメントください🙏

 

 といった感じで山陽本線版の通勤ライナーをささっと紹介してみました。こんなに偉そうに書いてますが、実は山陽本線の通勤ライナーには一度も乗ったことも見たこともありません(笑)よくここまでパソコンによる調査と時刻表のみで書けたなと自分でも感心しております()なにせ朝早いので、それ目的で早起きして出かけないといけないので、中々機会がないのです。たぶんこの先も乗りに行くことはないでしょう…。では今回はこの辺で…。今回もご覧いただきありがとうございました!

 

諸々ランキングに参加しているので、クリックして支援のほどよろしくお願いいたします!  ↓ ↓ 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

 

参考にしたサイト・時刻表

山陽本線 (広島地区) - Wikipedia

・ポケット時刻表2015年版・2019年版・2020年版