呉人の鉄道部屋

鉄道旅や広島地区の撮影を中心に紹介するブログです!

国鉄車全車置き換えは想定していない??岡山版227系に関する疑問(11月21日追記&訂正)

どうもどうも

 

おととい(11月18日)にJR西日本から衝撃の発表がありました。それが岡山地区に227系ベースの新型車両導入のニュースです。

f:id:konsome-115:20211119230331j:plain

いつかあるとは思っていましたがその時が来たか…というのが率直な感想です。国鉄岡山の牙城が崩されてしまうのか…と思いましたがよくよく考えてみると不可解な点が見つかったので今回ご紹介いたします。

 

私が感じた疑問点は、導入両数が既存者を置き換えるには圧倒的に足りなくね?

 

乗り物ニュースさんからの引用ですが

2両編成と3両編成の計101両を2023年度から順次導入し、既存車を置き換えるということです。

news.yahoo.co.jp

そう、たった101両しか導入されないようなのです。ここで置き換えられる車両数を整理しておきましょう。

現在の岡山電車区マリンライナー用223系を除いた国鉄車両の総数は276両。

単純に計算すると175両分の置き換えができないことになります。4両編成を3両編成で置き換えるといっても圧倒的に本数が足りません。

 

 

ここで過去行われた広島地区の置き換えを例として見てみましょう。

広島地区での置き換えが行われたのは304両。これらは広ヒロ・広セキ所属の車両が対象で廃車にならなかった115系N編成と105系K編成の一部の総数を除外したものになります。もしかしたらカウントミスがあるかもしれませんが約300両近く所属していたものを227系276両で置き換えました。その際28両分の減少となりましたが全体の割合としては9%の減少に留まりました。

 

話を岡山地区に戻します。同じように減少分の数を求めると、減少分が176両分。パーセントに直すと約63%。さすがにこの減少量では営業できないので必然的に置き換えられない車両たちが出てきます。

 

じゃあどの車両が置き換えられてどの車両が残るのか。

 

ここは非常に悩ましいです。まず置き換え対象と考えられるのが115系の中でも古参の部類に属する300番台。

 

f:id:konsome-115:20211120000401j:plainしぶとく残り続けた300番台ですがここで運命は尽きるものと考えます。ですが断言はできません。というのがこちら。

 

f:id:konsome-115:20211119232343j:plain

ドアボタンの設置が近年行われたばかりなのです。

 

これは300番台全編成に普及しており、設置工事したばかりの車両を廃車にするとは少し考え難いところもあり、正直微妙な感じです。でもこれらを置き換えないとじゃあどれを置き換えるんだ?となるので置き換え対象には入っていると個人的には考えます。

 

これら300番台を対象に組み込んだ場合、全6編成18両いることから残りの置き換え数は83両になります。

 

次に対象になりそうなのが117系です。

f:id:konsome-115:20211120000502j:plain岡山に属している117系0番台は気づけば営業運転に就いているのは岡山地区だけになっています。(京都にも0番台は居ますがあれらは団体用なので…)そのような理由から置き換えるに値すると考えます。100番台が残る可能性がありますが、117系が専属で使用されるサンライナー自体が削減傾向にあることから、もしかすると新車導入を機にサンライナー自体が消滅し117系全廃の可能性もあるのかもしれないと考え対象に組み込みました。また全6編成の小所帯なのも置き換えられそうな要因の一つです。

 

これら117系を対象に組み込んだ場合、全6編成24両いることから残りの置き換え数は59両となります。

 

次に対象になりそうな車両たちですが、正直見つかりません。300番台や117系以外にこれといって置き換えられそうな車両たちが正直見当たりません。

f:id:konsome-115:20211120000653j:plain115系全体で老朽化が進んでいますが、それらは全157両で、これら全部を置き換えるには圧倒的に両数が足りません。

じゃあ2扉の213系?とも思いましたが、岡山地区でのホームドア設置の噂は聞いたことありませんし、213系はリニューアル工事が施工され、ワンマン列車枠として貴重なものであることから廃車にされる可能性は低いと見ています。105系も同様でローカル線のワンマン列車枠として十分生かせると考えるため残ると予想します。

 

↓以下追記↓

ではそれら残りそうな車両群(213系12編成28両、105系7編成14両)を差し引いてみましょう。すると残り17両になります。残り17両で何を置き換えるのか…。この微量な両数で何を置き換えるのか…少し予想が難しいです。

 

新型車両の詳細な仕様やデザイン等は順次公開していくとのことなのでひとまずこれらの情報解禁を待ちましょうか。もしかしたら置き換え対象を考えるヒントが公開される可能性がありますし、増産の予定がある等の情報があるかもしれないので…。

みなさんも様々な妄想を繰り広げられておられることだと思いますので私はこう考える!などございましたら是非コメントで教えてもらえると嬉しく思います。

 

今回はここまでになります。今回もご覧いただきありがとうございました!

 

ブックマーク登録・読者登録お願いいたします。

 

下記のリンクから他のブログ・鉄道情報を仕入れることができます。是非ご利用ください。  ↓ ↓ 

 

鉄道コム